08 gennaio, 2007

なんじゃそら?

実は、昨日(6日)は、パトゥさんの他にも
美味しいもの屋さんに行ってきたのです。

Patisserie Les enfants さんです。

僕が贔屓にしている Nstyle cafe の
店主 強君の知り合いのケーキ屋さんです。

前日の5日金曜日にNstyle cafeで食事をしていたら
Patisserie Les enfantsのパティシェさんが
チーズケーキを焼いたからってんで、
差し入れを持って来られたんです。
で強君が「これ後でいただこうな。」
と言ってくれたんで僕も「やった!」と思ったんですが、
飲み過ぎまして強君が出してくれたんですが、
一緒に付いていた抹茶のアイスを食べただけで、
その日はチーズケーキを食べられず、
お持ち帰りをさせてもらったんです。
で、翌朝早速いただいたのですが、
軽い二日酔いの僕の胃袋にもやさしく入ってきまして、
食感もしっとりしていて
「お~、美味いやんか!」
と軽い感動を文字通り味わったわけです。
で、6日土曜日
前日に常連さんが差し入れのチーズケーキを召し上がっていて、
「ここのケーキ味が変わったよね。」
とおっしゃるんで、それを検証しようということになり、
強君とその常連さんと僕とで3時のおやつ時に
Patisserie Les enfantsさんにお伺いして、
イートインスペースでケーキをいただいたんです。
僕はチョコレートのケーキをいただきまして、
常連さんは苺ショート、強君は何かのケーキ(なんだっけ?)
で、後から合流した別の常連さんは苺ショートを
それぞれいただきました。
3時に集合して、一通りケーキをいただき、
とりとめのない雑談に花が咲き、時刻は6時
突然の嵐に気が付きそろそろ帰ろうとなりました。

結局、味の検証はうやむやになり、
「めっちゃ、美味しいやんか。」
が僕達の感想なのでした。
何と言いますか、Nstyle cafeで飲みながら
雑談していたのが、場所を変えて行われただけだったんですね。


その後、僕はパトゥさんで
“めっちゃ美味しいフランス料理”をいただいたのです。

たまにはこんなんもええわな。
と自分を納得させました。

*お店の名前の読み方が分かりません。
 どなたかお教えください。


めっちゃ美味しいケーキ屋さん

Patisserie Les enfants

〒657-0846
神戸市灘区岩屋北町2丁目2-16
℡078(802)0768

6 commenti:

はすざわ ha detto...

 会話に出てきてたお店ですよねー。残念ながらぼくにも分かりません。
 フランス語読みだから、「レ・ザンファンツ」とでも読むのかな。まあ、だいさんか、なによりご本人に聞くのが一番ですよね。
 昨日はありがとうございました。えらい散財をさせてしまって・・・。レストランというのは、ぼくは「大人のディズニーランド」だと思ってます。ただ、本家のそれと違って、遊ぶ方にも主体性がいる、という点は違いますが。
 まあ、値段が値段なんで、しょっちゅうはムリですが、また行けたらいいですね。
 とりあえず、ケーキ屋さん行きたいです。

だい ha detto...

パティスリー・レ・ザンファンと読みます。
「子供達のケーキ屋さん」って意味ですね。
ベルギーのケーキ屋も負けてないっすよ!!

ひであき ha detto...

>はすざわさん、まいどです

そうです。
早速巨匠が教えてくれました。
パトゥさんはホンマに良かったです。
お金が溜まったら、また行きましょう!
あのケーキ屋さん、
パティスリー・レ・ザンファンさんは
ハコは小さいのですが、中身が濃い
美味しいお店です。

ひであき ha detto...

>だいさん、まいどです

なるほど、「子供達のケーキ屋さん」
ですか、名は体を現すではありませんが、
僕がお邪魔した時も子供達が、
ガラス窓越しに店内を覗いていました。

ベルギーはチョコレートの本場ですもんね。
他のお菓子もきっと美味しいんだろうと
思います。
絶対食べに行きますよ!

Nstyle cafe なかにし ha detto...

皆さんご名答!!
     ≪レ・ザンファン≫
               です。
 お子様からお年寄りまで美味しく頂ける様にと、土谷シェフの先輩がお付けになられました。
 ちなみにその日私が頂いたケーキは『ミルクレープ』です♪
ほぼ全種類のケーキを食べ尽くしておりますが、最近の一押しです。
 我がNstyle cafeでも『ゆずのチーズケーキ』を焼きました!
     ぜひご賞味下さいね!!

ひであき ha detto...

>Nstyle cafe なかにしさん
まいどです。

そうそう、あのミルクレープも
美味しかったです。

しかし、あの熊さんのようなシェフ
があんな繊細な味を表現するとは、
人は見かけによりませんな。

僕も全種食べますよ!