29 giugno, 2011

総務省に聞いています

タイトル:ケーブルテレビのNHK放送受信契約について

ご意見・ご提案:

当方、個人アンテナ地域に住んでおり、アンテナは平成14年には錆び、朽ちて台風で
そのアンテナの機能がなくなり、撤去しております。
よって、その時点で無線放送は受信できない状態となっております。
それ以前より、私はケーブルテレビを受信しており、現在までそちらを利用しております。

そこで、放送法においては、NHKの無線通信放送を受信できる設備を有するものは
NHKと受信契約しなければならないとあります。
当方は無線通信放送を受信できない環境にあり、契約義務はもはや無いと考え、NHKの
受信料請求を拒否し、そもそも契約していないことの確認、若しくは私の亡父が
契約していたのならばその解約を申しているのですが、NHKはケーブルテレビ契約者は
受信料を払わなければならないの一点張りで、請求書を送ってきます。
当方は受信料の支払い義務があるのでしょうか?

また、一般的にケーブルテレビ(有線放送)のみ受信できる受信機器を設置している場合は
NHKと無線通信放送受信契約を結ぶ義務があるのでしょうか?

総務省のどちらへ問い合わせれば良いかわからずに、
メールいたしました。
こちらへの問い合わせが不適当であれば、
しかるべき部署へ問い合わせたいので、問い合わせ先をお教えください。
出来る限り早めにNHKへ対応したいので、
お忙しいところ恐縮ですが、早めのご回答よろしくお願いいたします。
 
***
以上です。
とりあえず、NHKの請求がうるさいので、
監督官庁の総務省に問い合わせました。
NHKについては、僕の中でも良いと思う面と悪いと思う面があり、
こちらが望んで、若しくは国民としての義務であるのならば、
払わない理由は無いのですが、現時点では支払い義務が無いとこちらで、
判断したので、徹底的にやってやろうと思います。

昨今、支払い督促云々のニュースもありますが、
一般の方であるのならば、督促が来た時点でビビッて支払われる方も
おられようかと思いますが、こちとら少なからず法律もかじっておりますので、
この総務省の見解次第では、2週間以内と言わず(*1)速攻で
「督促異議の申し立て」をしてやろうと思います。
これで、督促手続きは訴訟手続きへと移行します。
まぁ、勝ち目がなければやりませんが、 
放送法有線テレビジョン放送法
の関係からいうと、うちには支払い義務は無いと今のところ思っています。 
 
どうせやるのであれば、両法律とNHKとの関係と、
NHKの目に余る反日報道にも触れてやろうかと思っています。 

勝てば、これは画期的な判例となり、
負ければ僕には訴訟費用も含めた多額の支払い債務が残る
といったことになります。

どうせ、NHKの担当には根拠の無い金など払わんとか、
おまえんとこの報道はなんでそんなに反日なんやとか、
NHKと放送法と有線テレビジョン放送法との関係における
僕が考える矛盾を言っているので、
後は
NHKとうちに放送受信契約が無い旨の確認をするか、
契約があるとなれば即解約手続きをするだけとは思っておりますが、
前述のとおりNHKが喧嘩を売ってくれば(総務省の見解はあるが)
しっかり買ってやろうと思ってます。

いつまでかかるか分かりませんが、
今後の展開お楽しみに

(*1)債務者の異議申し立て受付の期間が、支払督促の送達を受けた日から2週間以内

17 giugno, 2011

16 giugno, 2011

お巡りさん、ありがとう

なんと、びっくりしたのですが
ウチの奥さん、1年ほど前からストーキングされていたと。

駅の前で、待たれて同じ電車に乗ってきて、
周りをウロウロして、余り詳細は書けませんが、
実害が無いのと、
自惚れていると思われたくないという理由(スゴイな・・・俺、信用されてない?)
で、今まで我慢していたと。

で、ここにきて本当に恐くなって僕に言ってきて、
派出所に相談に行きました。

で今朝、2人で通勤です。
プラットホームでお巡りさんが男性に職務質問しています。
その男が正にストーカーだったわけです。
簡単に特徴を言っただけなのにさすがです。
で、奥さんを見送ってお巡りさんにお礼を言いました。
「また、何かあったら言って。」
との心強いお言葉をいただき一安心です。

警察官の不祥事など色々言われていますが、
大方のお巡りさんは、国民の味方、正義の味方です。
そのお巡りさんも日勤をして、夜勤明けに駅まで見回りに来てくれました。
本当に感謝しています。

菓子折り持ってお礼に伺いたい気持ちでいっぱいです。
そんなことすると、お巡りさんのお立場が悪くなるので、
できませんが、
せめて感謝の気持ちをここに記しておきます。

15 giugno, 2011

これのどこが・・・

Q.これまでの自民党のエネルギー政策をどのようにお考えですか。

A.
これは私の個人的な反省も含めて申し上げますと、私も実は、玄海原発の4号機の臨界に行ったので、その中にも入って、原子力発電所を見て、説明を受けて、 フェールセーフの構造を信用していました。すなわち安全神話を信じていた。しかし、もろくも崩れ去った。これは認識の間違いであった。やはり改めるべきは 改めないといけない。すなわち原発の耐震性、津波への対応は、スペックを上げていかないといけない。
しかし、テレビに出ていると、よく「石原さんは原発推進なのか、反対なのか」というスタンダードな問いがありますが、これはテレビのチャンネルを変えるよ うな話ではありません。代替エネルギーが確保できなければ、3割の電源が来年の春にもなくなる。ということは、節電しなければならなくなる。日本人は勤勉 ですから、個人は頑張るでしょう。しかし、生産、質・量、価格、電力の三要素ですが、これが損なわれたときに、本当に製造業が日本に残ってくれるのか。
サプライチェーンの問題で、親会社から安定供給を求められた半導体メーカーは、台湾にリスクヘッジ、台湾に工場を移そうという話もある。それは基幹産業の 自動車も同じではないでしょうか。そこまで考えて、エネルギー政策は考えないといけない。あれだけ大きなアクシデントがあったので、集団ヒステリー状態に なるのはわかります。心情としては。しかし、こっちだ、あっちだと変えられる簡単な問題ではないと思います。
これまで推進してきた原子力政策の問題点、あるいはこれから変わる得るものがあるとすれば何に依存するのか。あるいはそれでどれだけコストが高くなって、 先ほどの質問の、あのスキームは電力料金に転嫁するという話ですから、そういうことが起こって許容できるのか、できないかということまでも含めて、反原 発、脱原発というのは簡単だが、生活はどうするのということを考えたときに、どういう選択肢があるのか。それは政府の責任としてこれから示していかなけれ ばならないし、わが党としても取り得るべく選択肢はこんなものがあるというものを、これから示していかなければならない。国民投票をやりました。9割が反 原発、やめましょうという簡単な問題ではありません。これは個人の認識です。

***

上記は、昨日カスゴミが自民党石原幹事長の問題発言と報じた発言の全文です。

今、世界中を見回せば、原発についての各国国民の認識はこれに近いものがある。
イタリアなどはチェルノブイリ原発事故を受けて原発を廃止の方向で進めているから、
ほぼ全ての国民が反対するというのは分かるが、ただ、イタリア国民はフランスから多くの
電力を買っているという事実を知っていて反対と言っているのか?
とにかく危ないから反対、日本人に扱えないものを自分たちが扱えるわけないから反対
(これはホントにコメントにあった)だけど、電力は必要だから、原発大国のフランスに
おんぶにだっこ。火力発電所をつくる、つくらないの話しはあるらしいが、これじゃあ、
国家としては余りにもお粗末で無責任だと思う。
日本国内においても、代替エネルギーの話は横に置いておいて原発「賛成」か「反対」か
と二者択一で聞くなど、はっきり言って意味の無いアンケートだと思う。
福島原発の事故が起こった後に、一般市民に原発賛成ですか、反対ですか?
と聞いて、間髪入れずに賛成と言う人など、電力関係者でもなかなかおらんでしょ。

こういう状況は、十分石原幹事長の言うところの「集団ヒステリー」に該当しますよ。

それを、変態新聞(毎日新聞のこと)などは

「表現が不適切と批判される可能性がある。」

と、「皆さん、不適切発言でましたぁ! 」とテメー等の推しているミンスがダメダメなもんだから、
これ幸いと煽りたくてしょうがないらしい。

国内の原発で事故が起こることなど考えもしなかった一般国民が、
今回の事故で、原発反対となるのは分からなくもないが、

たちまち電力不足になることも併せて知らしめるのが、お前等報道に携わる人間の仕事だろうに、
報道のバランスにかなり偏りがあると言わざるを得ない。

別に石原氏の支持者ではないが、石原幹事長が言っているのは、事故が起きました、
国民投票しました、9割以上反対です、じゃあ止めましょう。
なんて、そう簡単にいかんでしょうとごく当たり前のことです。

文明の恩恵にどっぷりと浸かり生活しているのに、はい、明日から原発全部停めます。
電力が足りなくなるので、
工場のラインは半日操業にしてください。
電車は電力使用が一日の内に一番高くなる午後は停めてください。
セキュリティシステムも場合によっては作動しなくなる恐れがあります。

一般家庭においても日中13時~17時の間は電気止まります。

とか、いう話になる可能性があるわけじゃないですか、
賛成ですか、反対ですかの反対を選ぶということは、そういうことですよ。
原発でまかなっていた部分は必ず他の火力なのか、水力なのか知りませんが、
なんらかの方法で埋めなければならないわけでしょ?

カスゴミ共は、(誘導しろとは言わないが)こういうところを押さえないとダメでしょ。

今、賛成か、反対かなどというモノではないと思うんですよ。


東電の圧力によってあらゆる新エネルギーの開発が抑えられた。
北欧のある国では、日本がつくった地熱プラントが大活躍しているのに、
日本では普及していない、何故か?・・・そりゃあ、東電が原発をやりたかったから

今こそ、発電と送電を切り離せ!

とか、いうところから切り込めば、意味のある報道になると思いますよ。

今の日本の世論は、完全に集団ヒステリーですよ。
で、そのヒステリーを醸成しているのが、カスゴミどもです。

よって、石原幹事長の発言は事実をとらえたものであり、
問題発言になる可能性などみじんもないんですよ。

それよか、変態毎日新聞の存在自体が問題なんですよ。

* なぜ毎日新聞が変態と言われるのか、興味がある方は、
「毎日新聞 変態」でググっていただければ一発ですわ。

10 giugno, 2011

勉強です

いつも意見を同じくする方の話しばかり聞いていても
いけないと思うんで、反対の意見も聞いてみるべきです。

で、興味深いブログを見つけました。

Afternoon Cafe

僕とは完全に考え方の違う方のブログです。
なるほどと思わされるところも“無いことは無い”です。

諸手を挙げて賛成なんてことにはならないんですが、
トレーニングの一環として過去のエントリーも見ていくことにしました。

こういう人達を殲滅していくためには、
こういう人達の考え方を知ることが肝要ですね。

勝手に紹介しているんですが、
どなた様も一度ご覧ください。

08 giugno, 2011

JAZZ FOR JAPAN



月曜日、奥さんの要望で仕事帰りにミントのタワーで、
7月に発売の嵐のニューアルバムを予約。

せっかく上ったので、ついでにJAZZコーナーへ立ち寄りました。

すると、試聴コーナーに大きな日の丸が。

「JAZZ FOR JAPAN」

東日本大震災被災者支援CDということで、発売されていました。

アメリカ西海岸の大物ミュージシャンが被災者のために何かできないか
ということで終結、全曲新録音で発売となりました。
そして、収益の一部を日本赤十字社を通じて復興支援に
役立ててもらうということです。

ここ数年はCDを買う枚数が極端に減っており、
且つ買う事によって間接的に寄付までできる。
更に更に、

スティーヴ・ガッド、デヴィッド・T・ウォーカー、ピーター・アースキン、
マーカス・ミラー、ネイザン・イースト、りー・リトナー、ボブ・ジェームス、
アレックス・アクーニャ、トム・スコット、ジョージ・デューク・・・

と毎週のようにCDを買い漁っていた10年程前には既にファーストコールだった
大物たちが一堂に会しているということで、
(松居慶子さんは日本からわざわざこのためにロス・アンジェルスのスタジオに
いったそうです。)

買わない手は無いと考える間もなく、手にとってレジへ歩を進めていたいのでした。

忙しい方々ですから、録音のために時間を取るのも難しいのですが、
収録はほぼワンテイクでOKと、さすがファーストコールです。

実際に聞いても文句無し。当時を思い出しました。

良質の音楽で心にゆとりを持ち、間接的ではあれ寄付ができて一石二鳥でした。

こんなんだったら長期戦となる被災地支援も
継続的にお役に立てそうだと思いました。

皆さんも是非どうぞ。

東日本大震災被災地復興支援CD/ジャズ・フォー・ジャパン

06 giugno, 2011

ミンスにイカレコレシマイや

枝野も大連立に大賛成だとか・・・、

どのツラ下げてそんな妄言を吐いているのか、
この風見豚が。

仙谷とか、岡田とか、もう既に“オワタ”奴等の名前ばっかり出てくる。

止めておけと言いたい。

ハニ垣は、絶対にこいつらにハメられる。

残念ながらこの手の悪だくみにかけてはミンスの連中は、
ハニの一枚も二枚も上手だ。

異論無し

民主党重鎮-


「政界で一番バカが鳩山さん」

「一番悪いのが小沢さん」

「一番ズルいのが菅さんなんだよ」


そうだわな・・・。

03 giugno, 2011

ほんとにね

本当に、

嘘つきは、民主党の始まり

世の親御さん方、子供には是非こう躾けてやってくださいよ。


「コラ!嘘ついちゃダメでしょ!

嘘なんかついたら民主党みたいになっちゃうよ。」

って。

そうしたら、子供は民主党が何だか分からなくても、
泣いてすがるわ。

それでは、さぁ皆さん一緒に

「嘘つきは、民主党の始まり!」

なんですかね

この無力感、このバカの集団を政権にやってはいけないと
このブログでも再三再四書いてきましたし、
このバカの集団の危険性を知らせてくれる人達も少なくありませんでした。

なのに、このバカの集団が政権を握り、今日の今日まで好き放題やって
日本をここまで貶めてきました。

先人達が苦労してつくりあげてきた日本をこういうバカな連中が一瞬で
壊していきます。

僕はまぁ、短気な人間ですが、同時にそれなりの理性も持ち合わせてます。
明らかに殺人や国家解体行為をはたらく連中にはお前等死んで詫びろと書きますが、
今ほど、あの夏民主党に投票したお前等バカ共に殺意を抱いたことはありません。

今、現在進行形で福島周辺で放射能で殺人行為を行う現政権、
こいつらの危険性をお前等が知っていてか、知らずかは知らないが、
そのお前等の1票がこいつらを政権に導いたのだ。

お前等バカ共は、先人達に何と言って詫びるのだ?

02 giugno, 2011

なんだ

否決か、
まぁ、こんな連中に何かを期待した自分が愚かだったということか。

しかし、小沢一郎はちぃちゃいやっちゃのう。

結構じゃないですか

今日の午後3時ごろに分かるらしい。
もし、可決ならばあのバカは解散を選択すると言っている。

しかし、今朝のニュースでは、自民党議員も
「まさかここまで、可決の可能性が出てくるとは思っていなかった。」
「可決したとしても次の展開を考えていない。」
とか言っているらしい。
自民党の連中もテメーのこと以外何も考えていないようだ。

この国の政治家は、どいつもこいつも使えない木偶の棒ばかりだ。

要するに、これが日本国民の限界なんだろう。

この2年で日本はバカな総理大臣を戴くと自分たちがひどい目に遭う
ということを学んだと思う。
「市民運動家」とか「活動家」とかいう奴等が胡散臭い連中で、
国民のためには何もしてくれないことを学んだと思う。
為政者の金の問題などそれと比べればたいした問題ではないことも
学んだだろう。

これで、国民が変わらなければ、本当に日本は終了すると思う。

この不信任案が可決すればあのバカは解散を選ぶそうじゃないか、

被災地での選挙の問題もあろうが、
このバカを筆頭とする連中が行政の中枢にいること自体が、
復興の妨げであり、政治の停滞を招いているのだから、
こんな時に「不信任案提出なんて」と言う奴等が腹の中で何を思っているかが、
良く分かり、誰が日本を破壊しようとしているか政治に疎い人でも一目瞭然である。

「こんな時に不信任案提出なんて」と言っているヤツは、100%民主党支持者であり、
イコール売国奴である。

はっきり言って、こいつ等が使えるか使えないか試さないと分からないと言う、
バカな評論家、コメンテーターの口車に乗せられてバカの集団を勝たせて、政権交代して、
本当に無駄な2年を過ごすことを選択した今の日本国民には呆れかえるのだが、
仕方がない、これも民主主義の手間だと思って、今回の解散総選挙にかけるものとする。

ただやはり、先は全く観えていない。