21 giugno, 2006

みんな日本が大好きだ

サッカーワールドカップ、皆さんご覧になってますか?
熱戦が繰り広げられているようですが、
僕は、まだ1戦も観ておりません。

どこかしらか、「日本戦くらい応援しろよ!」
と罵声が聞こえてきそうですが、ダメなんです。
その時間はツール・ド・スイスの放送がかぶっていたもので、
そちらを優先しました。他にもしないといけないことあるしね。
こんな僕は、非国民??
(そういや、この前そう言われた{冗談だと思うけど})

日本戦、どうでしたか?
ストレス溜まりまくりだったようですね。

僕は、前回大会は、日本戦全部観てました。
トルシエのシステムが日本にあってるようだったし、
組み合わせ的にも行けそうだったから。

でも、トルシエはW杯後退任、その後トルシエのサッカーを
トルシエの基礎からのサッカー、フラットスリーを
踏襲するような監督が就任したらなぁと思ってたんだけど、
ジーコ監督となりました。
ジーコの能力云々というより、なんでブラジルサッカーやねんと、
素人考えなのであまりつっこまれると反論できませんが・・・。
日本代表には、トルシエサッカーがあってると思ったし、
ワールドカップでよい成果を収める事ができたので、
日本サッカーは組織サッカーで益々発展するものだと信じてた。

正直、ジーコが監督になるって決まったとき、
「協会は、どいつもこいつもアホばっかりや。」
と嘆きました。
繰り返しますが、ジーコの能力をどうこう言っているわけではないです。
日本人に適しているサッカーをトルシエが教えてくれたんだと思うんです。
日本は、この、練習でも、試合においても組織的なサッカーをするべきだった。

ジーコは、好きですよ。ブラジルサッカーも好きですよ。
でも、日本代表には日本代表の戦い方があると思う。
あんな奔放なサッカーやれったって日本人には無理でしょ。
奔放とは言っても、彼等セレソンは試合前とか戦略ミーティングでは、
並外れた集中力を発揮するそうです。
まぁ、だからセレソン(wikiで調べたらポルトガル語で”代表”の意)
なんだろうけど・・・あぁ、だらだら書きすぎた。

上記結論、僕も皆さんと同じくらい代表を愛しているということ。
愛するあまり、今の代表に納得していないので観ることが出来ない。
サッカーがというか、やっぱり日本が好きなんですよ。
スポーツ世界戦は、とりわけサッカーW杯は、国と国との代理戦争といわれる。
この僕が、日本代表を応援しないわけがない。

ブラジルに2点差つけて勝つなんて・・・そんな空気が世間に漂ってます。
WBCの時にもみんなそう思ってましたもんね。
自力での予選突破が不可能な今、
すべきことをし、今回も神風が吹くことを祈りましょう。

2 commenti:

ツヨシ ha detto...

かる、わかる。
確かにトルシエ監督の方が窮屈ながらも代表の必死さが伝わってきたよね。

日本人ってさぁ、昔っから規則や規制、拘束とかされるとなんか個性を出したくなるのよね。

例えば学生なんかがそうだけど、それが、いざ自由だ開放だといわれると何やって良いかわからなくなる民族性があるんじゃぁないかな?

その辺、うまいのが中田や俊輔だけど、高原や、柳沢なんかは空回りの一方だよね。
見ていて『おいおい』の連発だし・・・。

ブラジル戦は見たい反面
『もうええやろぉ』
ってかんじですね。

   がんばれニッポン・・・いや、
         
    がんばれ川口(笑)

ひであき ha detto...

>ツヨシさん、毎度!
トルシエを悪く言うヤツは日本人そのもの
を分かっていないんじゃないかと思う。
ブラジルサッカーに憧れる気持ちは
分からなくはないが、日本人には日本人の
サッカーのスタイルがあってしかるべき。
それはというと、ヨーロッパスタイルに
近いんじゃないかと、僕は思う。
トルシエはそれを教えてくれた。

ブラジル戦なぁ、4時起きで観るか?