27 ottobre, 2006

注目の的

オレンジのパンツ・・・パンツと言っても
アンダーウェアーのことではありません。

ズボンとかスラックスとか言われるものです。
いつも洋服を買いに行くチンクエクラシコさんで、
昨年、オレンジのパンツを買いました。
このオレンジですが、ハンパなくオレンジでして、
買う前はかなり抵抗があったのですが、
チンクエオーナー氏
「かっこいいです。」
と、断言です。

その言葉につられ、僕もあまり計算して
服を買うタチでは無いので、
そこまでおっっしゃるのならと買いました。
で、昨年も何度も着たと思うのですが、
そんなに周りの視線を感じませんでした。

で、今週あたまあたりから寒くなって、
いよいよ秋冬ウェア本番となり、
それと昨年秋冬でオーダーしたチェックのジャケットを着て、
出勤したのですが、もうすれ違う人、すれ違う人みんな、
僕の足元を見るんです。
間違いないです、パンツを見ています。

自分がかっこいいと思って着ているので自信はあるのですが、
下半身あたりに突き刺さる視線がすごく痛かったです。
注目の的ではあったかもしれませんが、
羨望の眼差しを向けられていたわけではありません。
そこが、残念です。

圧倒的優越感を感じるのが正しいのか、
それともオマエやり過ぎと謙虚になるべきなのか、
僕の中でかなり議論を呼びました。
しかも、朝の通勤時間(7時)真っ只中ですから、
周りの男性は当然紺やグレー、茶色のスーツを
着ていらっしゃる方が大半です。
それ以外の学生等はなんや着てますわ。
そんな中で僕の格好は目立ってはいたでしょうね。
三宮駅で電車を降りて階段方面へ向かうのですが、
いつも真っ黒やなぁと思っていたんです。
そんな中にオレンジですから、そら目立つわな。

今これを書きながら改めて思いますが、
僕(と言うかオーナー氏)の選択は正しいと思います。
冬というとイベント事が多く華やかな印象があるのですが、
男性が着る物の色は春夏と比べどうしても落ち着いた色が多くなるんですよ。
そんな中で、オレンジは一般にはなかなかチョイスされませんが、
着てみるとなかなかハマるものです。

ということで、
僕は世の男性に今年はオレンジをチャレンジしていただきたいです。
世の中の男性がオレンジばっかり着ているのは気持ち悪いし、
第一、余計なお世話ですけどね。

2 commenti:

beyan ha detto...

私もオレンジは大好きな色で差し色としても良く使ったりしてました。
ひであきさんにオレンジは愛称良いと思います。
イタリア人っぽくかっこよく着こなしちゃって下さい!

はすざわ ha detto...

 そうですね、ぼくもオレンジはマフラー一つ持ってますけど、重宝してますよ。
 着こなすコツは、イチにもニにも、堂々としてること。自分が気にすると、何ゆえか必ず周りに伝染します。ホント!