04 dicembre, 2007

日本の野球



え~、今から署名・捺印をもらいに明石まで行ってきます・・・

だけではさみしいので、
野球日本代表オリンピック出場権獲得おめでとう!

と言いたいところなのですが、北京大会ですから微妙な感じです。
あんな水と空気の汚染された場所で野球をしなければならない
代表選手達気の毒、と思ったりもします。

しかし、最後のオリンピック野球か?
だそうですから、思いっきり暴れて欲しいです。

第二戦の韓国戦
家に帰ったらまだやっていたので観ていたのですが、
ホンマにあの朝鮮蛆虫どもは未だにあんなセコイことしかできんのか?
と本当に哀れになりました。

日本の投手陣が内角低めに見事にコントールするボールに
当たりに行くんですよね。
スーパースローで何度も再生してくれたので、
その瞬間が良く分かりました。
よけるような振りをしていてもしっかり膝が残っている!

あいつ等が国技国技と五月蝿い“サッカー”でもやっとんのか?
と思いましたよ!

ボール臭い球をファールで逃げるのとは違ういやらしさを感じました。

試合前は試合前で突然のスタメン変更!

ルールブックには禁止とは無いとのことで認められたそうですが、
星野監督は「監督会議で決まった紳士協定だった。」
と怒ったそうです。

しかし、星野監督に申し上げなければならないのは、

「朝鮮蛆虫は紳士などではない!」

ということ。

これは、朝鮮蛆虫がどうこうというより日本が朝鮮を
信用し過ぎたんじゃないか?

WBCの時を思い出してみると、↑の写真のような無神経なマネ
(マウンドに太極旗を突き刺す)
平気でやる連中ですからね。

普段韓国という国を意識しない方々も
これ等の愚行には怒り狂ったんじゃないかと思います。

いい傾向ですよ。


しかし、日本のスモールベースボールは
野球界の世界標準になるかもしれませんね。

普段は憎たらしい阿部や上原が頼もしくみえた。
川上や岩瀬がカッコ良くみえた。

野球が世界中に広まるといいなぁと思いました。

2 commenti:

kawabe ha detto...

私もホントああいう最低な行為を平然とできる神経は理解できません。
自分達は平気でおこないこっちがすると猛反発!
アホという表現がこれほどピッタリとくる人達はいないのではないでしょうか?
本当に厳しい条件の中、頑張ってくれた選手達に感謝!!

ひであき ha detto...

>kawabeさん、まいどです。

本当は、素晴らしい活躍を見せてくれた
代表選手たちを今回は手放しで褒め称える
べきなのかもしれませんが、
とにかく鬱陶しく付きまとう残念な隣国に
牽制球を投げ続けなければならない現実が
不快でたまりません。

どうして日本列島のすぐ隣に朝鮮半島が
あるのでしょう?