24 marzo, 2009

小決戦

そんなわけで、
ここにきて話がスピードを上げて進んできておりますが、
今週末にはウチの母が彼女と初対面となります。

母には1月中に彼女がいて、
その人と結婚したいと思っているとは伝えています。
2月には
「どこの週末に予定を空けておいたらいいの?」
と言われておりました。
ウチでは、認める認めないというより、
どこの変わり者が我が息子の相手をしてくれるんや?
ありがたい話やなと言って良いくらいの勢いだろうと思います。

ウチは3人兄弟で我が家で女性は母だけです。
賑やかではありますが、母親として娘がいなかったというのは、
寂しかったのではないかと僕はひとりで勝手に思っています。
そう考えると義理であるとは言え娘ができることを、
母は喜んでくれるのではないでしょうか?
だから、認める認めないという話ではないと思っています。

それともアレですかねぇ、世の中そんなに甘くはないのでしょうか?
息子の選んだ人とは言え所詮他人、世によく言われる嫁姑戦争の
前哨戦みたいな初顔合わせになるんでしょうかね~

怖いですねぇ~、恐ろしいですね~

とならない様に、当日は僕が双方にとってのナイスアシストを
決めなければならないのですが、

・コートを着てきたらウチに入る前に脱ぐように目配せする。
・靴は脱いだら踵を揃えて置くように目配せする。
・部屋に入ったらウチの父の仏壇に線香あげさせてください
 と言うように目配せする。

うおー、目配せするしか思いつかん!

冷静に考えろ、俺。

まず、母に彼女を紹介せなあかん。

続いて彼女に母を紹介する。
彼女はケーキを持ってくる予定やから、
それをみんなで食べながら話ししようと提案する。

僕がコーヒーか紅茶と皿に移したケーキをサービスする。
(ここは、母がやってくれるかも。
 その方がいきなり母と彼女を二人だけにしないから良いし)

彼女がざっくり自己紹介をする。

落ち着いたら話題を2つ3つ提供する。
話題1.WBCで日本が韓国を破って2連覇を果たしたとか
(これを書いている現在は10時のプレーボール前)
話題2.小沢一郎が逮捕されたとか
(これを書いている現在、大久保容疑者はまだ起訴されていない
 小沢氏も逮捕されていませんよ)
話題3.あまり気が進まないが僕の幼少のころのアルバムを用意しておく。
    これが一番いいな。

僕から彼女と結婚したい旨をあらためて母に伝える。
了解をもらう。
母が、具体的に決まっていることはあるの?
と聞く。
ざっくりとしか決まっていないけど、
僕達は日本人だし、生田神社で挙げようかと思ってるねんと答える。

生田神社と言えば紀香と陣内君・・・と母が言うと思うから、
話を遮って、あの人等と知人でもないし、
お互いすれ違いって、そんなこと最初から分かっていながら
結婚したあいつらがアホなだけや。
彼女は紀香氏みたいに外出する時に“自分の部屋”に鍵を掛けて
出かけたりせんと思うし、そもそもそんなごつい部屋のある家に
住むことないと思うし、
僕等はあの二人ほど馬鹿ではないと強く主張する。

あんた何興奮して喋ってるん!?
と母が言う?

変な妄想はさて置き、とにかく結婚を母に伝えます。

まじめな話としまして、とても気になることがあります。
ここにも何度か書いているとおり、ウチは平成13年に父を亡くして、
弟二人はそれぞれ別に住まいを設け、今まで僕と母と二人で
この家で生活してきました。
この度の僕の結婚で母が

大きくはないけれども一人で住むには広すぎる

この家でこれから一人で生活することになります。
母には友人が多く従兄弟との繋がりも強く、
平日は仕事、休日は誰かと外出とか上手くできると思います。
でも、長男としては色々心配です。
彼女にはその辺り正直に、
ちょくちょく母の顔を見に行きたいと伝えています。
母と彼女が仲良くなってくれることを願っています。

嫁姑戦争があっても良いと思います。
喧嘩するほど仲が良い。
やりあった後に、
二人で仲良く温泉にでも行ってくれたら良いと思います。

その日は、僕は一人で淡路島一周して来ます。

この週末に、また決戦がやってきます。
どんどん話は進みます。

4 commenti:

だい ha detto...

以外に想像力豊なんですねw思わず、そこまで詳細にシミュレーションしなくても…って思いましたよ。
まぁ、初対面って言うのは緊張するものですが、目配りとか考えず、いつも通りに接するのが一番だと思いますよ。
頑張って下さい!

Nstyle Cafe ha detto...

そんなに興奮してシュミレーションなんかしていたら、お母様に冷たい目で見られますぞ!

彼女も見ている限りでは、いつも通りで大丈夫だと思うよ。
笑顔さえ忘れなければ。。。

まぁ、自分の住んでいる家を、家族を、バル君を紹介すれば何も心配ありませんよ!

ちなみにうちの奥様は、ぼく以上にうちの親父や母親と仲が良く、ぼく抜きでメールや電話や買い物、食事もしているようです。←いつも事後報告です。

お互いの事を尊敬、尊重できれば、ぶつかり合う事はまったく無いと思いますよ。

結婚するにあたって、けんかなど無意味ですし、してはいけませんよ。

問題点はその場で解決し、お互いの腹の内を見せ合い、語り合える仲を目指してくださいね。

語り合いこそあれど、その甲斐あってか、うちは10年ケンカ無しですぞ♪

頑張らなくていいから、いつものひであき氏でいてくださいね!

って、なぜだかぼくまで緊張してきたぁ~

ひであき ha detto...

>だいさん、まいどです。
ホンマに最初で最後のことばかりで、
緊張の連続ですわ。
なんとかいつも通りに振舞うように、
振舞います。

大事なことですからね、頑張りますよ。

ひであき ha detto...

>Nstyle Cafeさん、まいどです。
ホンマにね、いつも通りですね。

色々隠してもいずれは
明るみになることですから、
潔く我が家を知ってもらうことですね。

ウチの母と仲良くしてもらえればと
思うばかりですわ。

頑張らんと頑張りますわ・・・?

ところで、週末はよろしく