23 marzo, 2009

カメリア

14時に市内某高級ホテルの
カフェ「カメリア」にて初顔合わせ。

事故があって遅刻してもいかんと、
公共交通機関を利用し三宮に到着したのが11時30分・・・
無事についてしまい!?
完全に時間を持て余してしまいました。
とりあえず我が弟に電話、昼飯を一緒に食べました。

交差点で車に轢かれて遅刻してはいけません。
13時30分、早すぎるとは思いますが現地到着。
何をするでもなく建物内をうろうろしていました。
各部屋で披露宴なるものが行われているようすで、
ホテル内は祝賀ムード一色でした。
階段を利用して写真撮影、中庭では、新郎新婦家族
が和やかに談笑・・・
ええなぁ、日本ってホンマに平和やわ。
なんだかんだ文句をいいつつも幸せな国やと思いますわ。

13時45分、決戦の地カフェ「カメリア」へ、
ウエイターのお兄さんに席へ案内され、着席。
当然先方は到着してはおらず、気持ちを落ち着かせ、
初めて入ったカフェ内の空気を自分のものにします。
しかし、となりは小さいお子さん連れのお母さん、
僕、こんなところで「お嬢さんと結婚させてください!」
って言わなあかんのかなぁ、と若干不安になりました。

14時、彼女とご両親がやってこられました。
僕はその場で立ち上がり、
「始めまして、ひであき(当然フルネーム)です。
 本日は、お忙しい中貴重なお時間頂戴しまして、
 まことにありがとうございます。」
と挨拶。
先方も
「始めまして、彼女(下の名前)の父です。」
「母です。」
と挨拶。
それを見たであろうウエイターのお兄さんが、
すばらしく空気を察知されて、
「奥のお席ご用意しましょうか?」
とナイスアシスト。
僕はすかさず
「よろしくお願いします。」
で、奥の落ち着いた4人がけのテーブルに案内されました。
そこからは、
全く覚えていません・・・。
しかし、
「そういうこと(結婚するということ)で、
今日はここに集まったんだけれども・・・

    “着席したまま”

話を進めましょう」
ということをお父様が話されて、
僕を認めてもらうというか、結婚ありきで、どういう人物か
という程度で話が進みました。

僕は、完全に

「お嬢様と結婚させてください!」

というタイミングを最初に奪われてしまいました。

確か、まず先方のお父様がご自身の学生からのキャリアを
話されて、お母様、そして、僕が自分の学歴・職歴を述べたと思います。
そして、僕自身の経済状況を述べ、

このまま話しが終わってしまっては、
待ち合わせが14時であるのにもかかわらず、
三宮に11時30分に来てしまった意味が無くなってしまう。

と、
“着席のまま”
「・・・若輩者ですが、彼女と結婚させていただきたいと思っております。」
と確かに言いました。
ご両親の返事は・・・なんとおっしゃったか覚えていません・・・。

その後、滞りなく初顔合わせは緊張と少しの和やかな空気の下、
無事終了。

僕と彼女は彼女のご両親をカフェ「カメリア」の入り口で見送り、
(某)ホテルオークラ神戸を後にしました。

その途中、彼女に
「結婚、了解してもらったんやなぁ?」
と確認しましたら、
「問題無いと思うよ。
 父は機嫌悪かったら口もきかへんから。」
と。
それは回避できたようです。

ということで、無事先方のご両親に、
結婚の了解をいただきました。

挨拶の後、元町のカミネで婚約時計の残金の支払いを済ませ、
その“お品”を抱えるように安全な某所に持って行き、
身を軽くして、阪急六甲のサンパティックさんで晩御飯。
色んな意味で美味しかったです。

まずまずの滑り出しです。
今まで体験したことのない緊張感でした。
これから暫くはこんなことの連続なんでしょう。

しかし、幸せな緊張でもあります。

8 commenti:

CINQUE CLASSICO 藤原 ha detto...

ひであきさん
お疲れ様でございました。
侍ジャパンと同じく無事に決勝進出と言ったところですね。
おめでとうございます。
妻ともども気にかけておりましたので、一安心です。

しばらくご来店が減りそうなのは残念でなりませんが・・・

はま子 ha detto...

ひであきさん
おめでとうございます♪
幸せな緊張感がコチラにも伝わって来ます。
心よりお祝い申し上げます。

ふなちゃん ha detto...

ひであきさん、お疲れ様でした。
難関、突破ですね。
おめでとうございます。

私が、妻のお父さんのところへ挨拶へ伺ったときは、お父さんから『何か言うことがあってきたんだろ?』って言われてしまいました。
その後は、タジタジでした。笑

また、お話を聞かせてくださいね。

michihiro206 ha detto...

 ひどい!あれだけ独身のままがいいって人を油断させておいて・・。

 長谷川穂積ばりのカウンター・ブローをくらった気分です・・(泣)。

ひであき ha detto...

>CINQUE CLASSICO 藤原さん、まいどです

上から下までCINQUE CLASSICOでまとめて
行って参りました。
「好印象」を勝ち取りましたよ。

人生まだまだです。
末永いお付き合いを
よろしくお願いしますよ。

奥様にもよろしくお伝えください。

ひであき ha detto...

>はま子さん、まいどです。
ありがとうございます。
とんとん拍子にことが進んでおります。

そちらに伺うプランまで出ております。
まぁ、上手く進めばですが・・・。

その時は、ご主人と
ヨーロッパを案内してやってください。

ひであき ha detto...

>ふなちゃんさん、まいどです。
ホンマに緊張しました。
これはやってみないと分からないですね。

僕は、彼女の父上から
「ウチは返品はお断りしておるんです。」
と言われました。

タジタジでしたよ(笑

栄ゐ田さんに行きましょう。

ひであき ha detto...

>michihiro206さん、まいどです。
そうですね~昨年12月中頃までは
本当にそう思っていましたよ。

ただ、人間って変わるんですよね~
変わって良いとこ、
悪いとこあると思いますが、

ここはお見逃しいただければと・・・