25 maggio, 2013

中山成彬議員のツイートについて

「化けの皮が剥がれたのに…残念」 ツイッターで維新・中山成彬氏 元慰安婦との面会中止で
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130525/stt13052515520006-n1.htm


2013.5.25 15:50
 日本維新の会の中山成彬元文科相は自らのツイッターで、
24日に予定していた橋下徹共同代表(大阪市長)と元慰安婦の
韓国人女性2人との面会が、元慰安婦側の都合で中止になったことについて
「橋下氏に強制連行の中身を鋭く追及されるのを恐れたか? 
化けの皮が剥がれるところだったのに残念」と記した。

 中山氏はさらに「支援団体側は、2人とも会いたくない、
政治利用される心配もあると説明しているが、
面談を申し入れてきたのもこれまで政治利用してきたのも先方側だった」と指摘した。

***

産経webから全文引用しました。
中山氏は、いわゆる従軍慰安婦について、全くの事実誤認であり、
慰安婦は民間業者が様々な方法で集め、
中には悪徳業者もいたかもしれないが、日本軍、官憲は関与しなかったと、
先日の国会で見事に過去の資料をパネルにし、説明し、閣僚に質問していました。
46分辺りから関連する質問がはじまります。
たった20分弱です。
是非ご覧ください。


そんな中山議員のご発言とは思えないようなツイートです。
橋下市長は
「(日本の責任について)認めるべきは認め、謝罪するべき。
ただし、誤っている点については、主張すべきは主張すべき。」
と言っています。

橋下市長は元慰安婦とされる韓国人女性ふたりに謝ろうとしていたんです。
事実は事実として伝えると言っていましたが、いったい日本の何を謝るつもりだったのか。

そちらの方が疑問です。

橋下市長のいわゆる従軍慰安婦に関する知識は、非常にあいまいで、不完全なものです。
このような人物、しかも大阪市長という立場の方が日本国全体の問題となりかねない
いわゆる従軍慰安婦の問題について、いいかげんな発言をすることは、
国益を損ないはすれども、なにひとつ日本国の利益になどなりはしません。

中山議員は、「残念。」とおっしゃっていますが、
僕は、けったいなご対面がなくなって、逆に良かったと思っています。

改めて、日本の国益とはいったい何なのかを考えます。

Nessun commento: